2017年3月27日月曜日

北野をどり


京都最古の花街上七軒の「北野をどり」
本年も唄でお手伝いさせていただいております。

3月25日〜4月7日まで
13時半〜
16時〜
1日2回公演です。
上七軒歌舞練場にて

松原奏風(清元梅吉先生)作曲の
舞踊劇
「ゑにしの宮」
と、同じく
梅吉先生の作品による舞踊集
「旅情ところどころ」
そして
フィナーレの「上七軒夜曲」の三部構成です。


2017年2月6日月曜日

立春もすぎて



こんにちは!
先週末のお節分は、ここのところ私の恒例となっています、
高山の料亭洲さきさんでの節分祭に。
芸妓衆の地方を務めに参りましたよ。


とても大きな規模の節分祭なのですが、
旦那衆のその年の年番さんがまずご挨拶し、
芸妓衆が3組にわかれまして座附をご披露
(こちらの唄と浄瑠璃をわたしが助演でつとめました)

旦那衆の代表によりご祝儀曲が披露され、
ここでやっと無礼講。

その後、年番さんたちによる衣装付き!
の歌舞伎の演目の芝居が。
今年は、飛騨の匠が作ったからくり人形の石橋が助けてくれる、というオチのついた鏡山でした。
(今年の年番さんたちはまたお上手だったなあ)

その後やっとみんなで豆撒きです。

大勢さまなのにお客様は本当にお着物の方が多くて、
高山という土地のすごさを思い知らされます。
こういうものが地方からも大事にされると、
日本全体がなにか変わっていくきっかけになるかもなあと感じてしまいます。

あと、助演がいらないくらい芸妓さんが増えるといいなあ。。



おまけ。
終わって出演者裏方みんなで打上げ。
やはりお手伝いの岐阜の幇間衆が
金のシャチホコ。

手前の高山の芸妓衆もうずうずと、
この後4体!のシャチホコに。笑

名古屋城より多い。。




2017年1月30日月曜日

久しぶりに

2月18日(土)茅場町の証券会館ホールにて、
 久しぶりに(公)日本小唄連盟の公演に出演させて頂くことになりました。 
なぜか千紫のトリで59番「梅が 香」と「がん首」を唄います。
糸は千紫巴奈恵師です。

チケットも売るほどございますので (実際売っておりますので)
よかったら、春の風を小唄で感じにいらしてくださいませ。

 プログラムはこちらにあります。

お問い合わせはこちらまで。

2017年1月12日木曜日

気がつけば睦月。



あけましておめでとうございます。。。 
 こんなに投稿していなかったのですね。。  
相変わらずいろいろなおしごとや舞台などさせていただいております。 
本年も宜しくお願いします(説得力ゼロ) 

 さて、昨年より稽古場の活性化を主目的として 稽古場にかわらばんを作りました。 
今年は第2号を発刊できました。
お弟子さん同士の交流や、活動報告、 
新しいお弟子さんの紹介や今後の予定などです。
ARUGA DESIGNの有賀さんにデザインしてもらいましたよ。
いつもありがとうございます!
おかげさまでお稽古場の雰囲気もわかるので、
興味のあるかたにもお渡しさせて頂いております。

今年は早速2月18日(土)東京証券ホールにて
小唄連盟の演奏会「華風会」に出演します。

また、6月には、なぜか会員に推挙いただいてしまい、、
小唄作曲会に参加させていただくことになりました。
錚々たる諸先輩の中、自分らしい小唄に挑戦してみます。

ほか、北野をどりにも唄わせていただきにお邪魔しまして、
一中節の仕事もちらほらいただいております。

またあちこちお邪魔する一年になりそうです。
どこかで耳にしていただける機会があると幸いです。
今年も宜しくお願いします。(そしてふたたび)